採用情報

SE(アプリケーションエンジニア)

SE(アプリケーションエンジニア)の仕事内容

SE(アプリケーションエンジニア)は、情報システムの構築や保守・運用等、幅広い業務範囲を持っています。
具体的には次のような仕事となります。まずお客さまがどんなシステムを必要としているか、そのシステムで何がしたいのかといったニーズを引き出し、業務分析・システムの提案を行います。提案がお客さまに受け入れられると、システム開発計画を立て、基本設計、そして詳細設計を行いプログラム開発へと進めます。システムの完成までには何度も検証やシステムテストを行い、最終的にシステムを納品・導入します。
システム稼動後も運用をサポートし、お客さまの現場とコミュニケーションを取りながら、ベストな稼働を維持していくこともSEとしての重要な役割です。

SE(アプリケーションエンジニア)のやり甲斐

お客さまが必要とするモノを自分の手で作り上げる。そこに大きなやり甲斐があります。
お客さまと打ち合わせを繰り返しながら、設計・開発・動作検証とプロジェクトを進めていきます。途中、技術的な問題や急な仕様変更等が発生し、なかなか思うように進まないことも多いのですが、その分システムが完成して動作した時には大きな達成感を感じることができます。さらに、お客さまから「便利になった」「ありがとう」という声をいただけると、苦労の分だけ大きな喜びを味わうこともできます。
またシステムを作り上げるには、技術知識だけでなく、お客さまと同等またはそれ以上の業務知識が必要となります。お客さま企業の業界動向・業務分析を行っていく中で幅広い知識を身につけることができます。

  • エントリーはこちらから

ページの先頭へ


ワンストップ・ソリューション・サービス

商品・サービス名検索