事後処理(BPOセンター)

封入封緘やシーラー加工を機械化することで時間とコストを大幅に削減
封入封緘からシーラー加工(はがき・封書タイプ)を最新の機器を使用し、高速処理を行います。封入封緘では、最新の検査装置(厚み・重量・カメラ検査など) により、二重封入や封入漏れを徹底的に排除し、個人情報保護を重視した封入作業を行います。シーラー加工では、口座振替はがきや、各種通知書の重要な個人情報を、 圧着加工処理により保護します。

「さくらケーシーエス 事後処理」(再生時間 4:38)
※クリックすると音声付の動画を視聴できます。
※再生時には周囲環境にご配慮ください。

お問合せフォームはこちら

特長

封入封緘処理

一般的なオフィスで発生する「紙折り」「封入」「封緘」など、最も単調な作業を自動化することにより、飛躍的な生産性の向上とコスト削減を 実現することが可能です。お客さまの封入処理の規模にあわせることができます。

シーラー加工

片面はく離タイプ、両面はく離タイプ、封筒タイプの圧着が可能です。加工後は検査機によりはく離チェックを行います。

ページの先頭へ

メリット

  • 自動化・機械化による納期の短縮とコスト削減が図れます。
  • 手作業による誤封入や誤送付などのミスがなくなります。
  • 封書を圧着はがきにすることで、郵送料のコスト削減が図れます。

ページの先頭へ

サービス概要

サービス概要

サービス概要

ページの先頭へ

その他BPOモジュール

※当ウェブサイトに記載されているシステム名、製品名などには、必ずしも商標表示(TM、®)を付加していません。
※当ウェブサイトに記載されている製品の仕様は予告なく変更することがあります。

お問合せフォームはこちら

ページの先頭へ


ワンストップ・ソリューション・サービス

商品・サービス名検索