総合公金収納BPOサービス「収納PORT」

地方公共団体さまにおける
「収納事務の効率化」と「収納率の向上」を支援する
総合公金収納BPOサービス(LGWAN-ASP)

24時間社会・モバイル環境の整備が進み、住民からは納付機会の拡大が求められており、マルチペイメント・クレジット収納を含めた収納チャネルの拡大が急務とされています。また、各地方公共団体では電子収納チャネルへの対応とIT化促進を目指し、基幹システムの大幅改修や収納業務の見直しが必要とされます。

<総合公金収納BPOサービス「収納PORT」>は、これらの問題を解決するために、収納データから発生する各業務のアウトソーシングを実現し、お客さまの負荷軽減を強力にサポートいたします。

これにより、限られた人的資源や時間の効率化を進め、住民サービスの向上を可能にします。

※BPOとは
ビジネス・プロセス・アウトソーシングの略で、単なる情報システムのアウトソーシングだけではなく、お客さまの業務についてその企画・運営から必要な人材の確保までを一括して請け負うサービスです。

    お問合せフォームはこちら

    ページの先頭へ

    特長

    1. 各種収納チャネルからの収納情報を統合管理(決済連携基盤)
    2. MPN収納・コンビニ収納・クレジット収納などの導入を簡略化
    3. 照会機能、統計機能を用いた事務の効率化

    収納業務の”最適化”をサポート

    本サービスで集中管理する賦課/収納データをもとに、収納チャネルごとの収納情報の統合/消込を自動化することにより収納事務の効率化を図るとともに、収納率向上を支援します。これらのサービスにより、収納業務の”最適化”をサポートします。
    また、電子納税(eLTAX)や電子申請とも連携できますので、地方公共団体さまの収納チャネル統合基盤としてご利用いただけます。

    住民サービスの向上と収納事務の効率化をサポートいたします

    収納チャネルの多様化などに伴い煩雑化した収納事務を一本化し、事務効率化のご支援をさせていただきます。是非お問い合わせください。

    ページの先頭へ

    サービス概要

    • 地方公共団体さまにおける各種収納チャネルと連携し収納情報を統合する、収納チャネルの統合基盤
    • 地方公共団体さまが今後サービス開始するMPNなどの収納チャネルを集約/統合するクラウドサービス
    • 自庁導入する場合と比較し、短期間かつ初期コストを制御してサービスを開始することが可能

    ページの先頭へ

    導入効果

    住民サービスの向上

    コンビニ、MPN、クレジット収納に対応し、納付義務者の支払機会(場所・時間)を拡大

    収納事務の効率化

    • 高価なOCR機器の保有コストを削減
    • MPN対応時(MPN標準帳票への対応やバーコード印刷)の基幹システムの改修コストを最小化
    • 各種収納の速報データを早期に検索・照会

    滞納者対策の強化

    収納データの早期入手により、タイムリーな滞納者対策を実現


    ※当ウェブサイトに記載されている製品の仕様は予告なく変更することがあります。

    お問合せフォームはこちら

    ページの先頭へ


    ワンストップ・ソリューション・サービス

    商品・サービス名検索