新入社員研修

研修概要

入社から約3ヶ月をかけて、①情報処理技術者資格取得、②社会人としての心構え、③SEとしてのスキル習得、に重点を置いて研修を行っていきます。実践力を身に付け、SEとして自信を持って現場で働けるよう、研修制度を設けています。
また配属後は、OJTトレーナー制度を設け、マンツーマンで指導を受けながら業務に携わっていきます。
長期にわたる研修・プロジェクト活動を通してヒューマンスキル・テクニカルスキルを高めると共に、同期同士の深い絆を築く場所にもなっています。

ヒューマンスキル研修

ヒューマンスキル研修では、社会人として責任の重さ、社会に対する役割を理解した上で、ビジネスマンに必要なマナー(挨拶、言葉遣い、身だしなみ等)を身に付けていきます。加えて、SEとしての基本マナー(報連相、QCD、PDCA等)をロールプレイ演習を通して習得していきます。
お客さまと接する時、プロジェクト活動の一員として活動する時等、ヒューマンスキルは常に求められるものです。まずはここで、しっかりと社会人としての基礎を固め、さらに個々人の魅力を高めていただきたいと思います。

コミュニケーション研修

コミュニケーション研修では思考法とツール(ロジックツリー)を用いたケーススタディを行い、問題解決に取り組んでいきます。相手の立場に立ち、伝えたい事を過不足なく、順序立てて説明できる人材の育成を目指します。
さらに入社時だけでなく、役割が変わる毎にその役割に応じた研修を開催し、長期的な視野で論理思考力のレベルアップを図っていきます。

プログラミング研修

複数のグループに分かれ、それぞれの技術スキルに応じたプログラミング課題を解き進めるラリー形式の演習を行います。未経験者はプログラミングに慣れることを、経験者はより難易度の高い課題を解決することを目標に、お互いに助け合い、時には競い合いながら演習を重ねることで、着実にスキルアップを図っていきます。
演習時は先輩社員がサポート役として加わり、新入社員が作成したソースコードのレビューを行います。より効率的なソースコードの書き方や気をつけるべきポイントなど、プログラミングの原理原則から実践的なテクニックまで、さまざまなアドバイスを得ることができます。

ページの先頭へ


ワンストップ・ソリューション・サービス

商品・サービス名検索

Pagetop