給食・栄養管理システム「給食大将」

給食・栄養管理システム「給食大将」

給食・栄養管理システム「給食大将」

こんなこと・・悩んでいませんか?

食数業務

  • 集計などミスがあり、食数把握に時間がかかってしまう。
  • 食事の変更が多く、病棟ごとの管理が大変。

献立業務

  • 献立表を書くだけでも時間がかかるし、正確な栄養計算がなかなか…。
  • 材料費を考慮しながらの献立作成は、一からやり直すこともしばしば…。
  • 献立にもっと変化をつけたいけれど、研究や勉強をする時間も無い。

材料業務

  • 発注書の作成に時間がかかるので、最終的に慌てて注文漏れが…。
  • 食材(生鮮・在庫)管理が大変。

全体業務

  • 計画書~伝達帳票~報告資料~管理帳票作成などの事務作業が多く、残業をすることもしばしば。
  • 「豊かで美味しい食事」を提供するために精神的にもっと余裕がほしいし、本来の栄養士の業務にもっと力を入れたい。
  • 例えば、栄養指導、嗜好、残食調査などの回数を増やしたい。
  • 患者や家族ともっとコミュニケーションをとって、要望に応えたい。
※給食・栄養管理システム「給食大将」は、株式会社富士通システムズ・ウエストの製品です。

お問合せフォームはこちら

ページの先頭へ

製品のご紹介

概要

  • 多量の事務作業からの開放
  • 業務全体の迅速さ、かつ正確さの向上
  • 作業時間の短縮による精神的余裕や残業時間の減少
  • 事務処理からの開放(栄養価計算、日報、月報などの報告書)
  • 栄養分析について、質の高い情報の入手
  • 日報、月報などの管理資料は100%に近い省力化ができるため、月初などの煩雑さから開放され、常にマイペースな仕事が可能

ページの先頭へ

特長

  1. 一台で複数施設の管理が可能です。
  2. 検印欄をもつ帳票について検印名称を5個まで自由に設定できます。
  3. LAN対応により複数台運用が可能です。
  4. 選択食メニュー対応により、献立の幅が広がります。
  5. 食種展開や週間献立といった方法で献立作成の効率化アップが図れます。
  6. 献立内容一括変換処理により、献立内容の一括変更が簡単に行えます。
  7. 五訂版食品成分表マスタを標準搭載しています。
  8. 糖尿交換表、腎臓交換表、糖尿病性腎症および成分値を考慮しながらの献立作成が可能です。
  9. 材料費を考慮しながら予算に応じた献立の作成が可能です。
  10. 現場のニーズを第一に、献立表等現場に直結する帳票についてはA3用紙対応で大変見易く仕上げました。
  11. 献立処理において「おやつ」の管理ができます。
  12. 患者さんのコメントごとの集計値を画面で確認できます。
  13. 食札についてはカラー印刷対応です。
  14. 材料の自動発注が行え、発注データ作成後も指定した食品のみの再集計により、発性の見直しが簡単に行えます。
  15. 食品ごとに複数の発注業者を指定でき、優先順位の高い業者を設定することができます。
※給食・栄養管理システム「給食大将」は、株式会社富士通四国システムズの製品です。

ページの先頭へ

導入のメリット

管理のメリット

食数管理

  1. 通常かかっていた時間の半分でできるようになった。(食事変更伝票に対する食札や集計のやり直し作業)
  2. 正確な作業が即時に出力されるため、各食種の人数確認ができる。
  3. 入院患者の食事情報、食暦を常に把握できる。
  4. 食数の自動計算により計算ミスと時間のロスを防ぎます。

献立管理

  1. 献立作成の手間はコンピューターに委ねる率が高いので、35%以上の時間短縮ができる。
    (正確な栄養価を即座に表示、サイクル献立に於ける献立作成時間の短縮)
  2. 献立表に出力される調味料関係の数字も正確なため、作る人による味付けのバラツキがなくなる。
  3. 用途に応じた献立表や献立金額一覧表が出力される。
  4. 糖尿病および腎臓病患者における献立作成、栄養指導の充実。(交換表に基づく献立表)
  5. コンピューターに登録されたたくさんの料理や豊富な情報を得られるため、最良の栄養や嗜好性の高い献立ができる。
  6. 一献立当たりの材料費を、容易に画面で見ることができる。
  7. 献立複写および食種展開画面により献立作成の効率UP。

材料管理

  1. 使用食品の集計など、計算業務はコンピューターに委ねる率が高く、30%以上の時間短縮ができる。
  2. 自動発注による発注漏れの防止。
  3. 食材(特に在庫)の管理が容易になる。
  4. 原価計算が容易に把握できる。(消費日報、月報)
  5. 予定食数の把握ができる。

在庫管理

  1. 月ごとの出納状況を画面で確認および調節でき、スムーズな在庫管理を実現。
全体で約30~40%の労働時間の短縮可能!(当社事例による)

ページの先頭へ

機能紹介

対象業務とその機能

食数管理

食事箋入力 ・患者の入院から食事変更、欠食・絶食・外泊および退院までの情報を登録します。
・患者の食暦を画面で確認できます。
・手術後の食事計画を一括で登録します。
患者検索 ・さまざまな条件をもとに該当患者を検索することができます。
印刷処理 ・食種別患者一覧表、病棟別食種一覧表および食札等配膳に必要な帳票を出力します。
・年齢構成表、加算請求者名簿などを印刷します。
食数集計 ・予定食数および実施食数を画面で管理します。

栄養・献立管理

献立作成 ・最大10日までの献立を一度に作成できます。
・基本となる食種をもとに、別の食種に展開させていくという方法で献立作成を行います。
・「おやつ」の管理ができます。
・朝昼夕ごとおよび1日単位に栄養価・材料費を考慮しながら献立作成を行います。
献立コピー ・期間指定での献立複写(サイクル登録)が可能です。
・可食量の割合を指定して(80%等)献立複写を行います。
献立一括変換 ・料理マスタおよび献立の内容を一括して追加変更します。
印刷処理 ・週間献立表、予定/実施献立表を出力します。
・検食簿、栄養月報(県への報告書)、給与食品検討表を出力します。
基準値設定 ・食糧構成マスタおよび荷重平均成分値を設定します。

材料管理

発注管理 ・発注予定人数を集計後、変更を行います。
・材料集計を行います。
・使用材料の集計を行います。指定食品および指定業者のみの再集計が可能です。
・注文書を印刷します。
・納品書を印刷します。
・注文差異リストを印刷します。
・主食、飲物等のコメントを発注時に反映します。
仕入管理 ・仕入入力を行います。
・仕入入力チェックリストを印刷します。
・業者別仕入金額一覧表を印刷します。
・食材毎の仕入情報を登録し、一覧表を印刷します。
マスタ登録 ・仕入業者マスタを登録します。

在庫管理

入出庫集計 ・在庫食品の入出庫集計を行います。
消費日計表メンテナンス ・集計後の材料消費日計の値を画面で確認、調整します。
出納表メンテナンス ・在庫食品の使用量を調整します。
出納残変更 ・棚卸により在庫量調整を行います。
印刷処理 ・給食材料消費日計表を印刷します。
・食品出納表を印刷します。
・給食材料費計算表を印刷します。
マスタ登録 ・食材毎の仕入情報を登録し、一覧表を印刷します。
・仕入業者マスタを登録します。

マスタ登録

初期 ・組織マスタで病院情報を登録します。
・献立食種マスタを作成し、一覧表を印刷します。
・食事箋で入力する食種マスタを作成し、一覧表を印刷します。
食品マスタ ・食品群を登録します。
・食品マスタを登録し、一覧表を印刷します。
料理マスタ ・料理マスタを登録し、料理カードを印刷します。
※給食・栄養管理システム「給食大将」は、株式会社富士通システムズ・ウエストの製品です。
※当ウェブサイトに記載されている各社の企業名、製品名、サービス名は各社の商号、商標または登録商標です。
※当ウェブサイトに記載されているシステム名、製品名などには、必ずしも商標表示(TM、®)を付加していません。
※当ウェブサイトに記載されている製品の仕様は予告なく変更することがあります。

お問合せフォームはこちら

ページの先頭へ


ワンストップ・ソリューション・サービス

商品・サービス名検索